競馬の賭けない楽しみ方は競走馬の撮影です

競馬と言えば、ギャンブルの1つの種類と考える人がほとんどです。当然、単勝、複勝などお金をかけて、それが当たれば倍になったり、何十倍にもなって戻ってくるので基本的にはギャンブルです。ただ、競馬をする人でも、ロマンを語る人は少なくないです。競走馬は血統で走ると言われていますので、そこにロマンが隠されています。そういう意味から考えて、ギャンブルとしてではなく、賭けない楽しみ方も存在しています。競馬をかけなくて、何が楽しいのかと思う人もいますが、お金をかけることだけが、競馬の楽しみ方ではないです。では、具体的にはどんな方法で楽しめるかというと、賭けない楽しみ方は競走馬を撮影することです。競走馬の体は実に美しいです。究極に仕上げられた馬体は、筋肉が浮き出て、まさに芸術品です。そんな芸術品でも、瞳はとても優しいものだったりします。ですから、競走馬は奥が深いです。一度撮影してみると、この馬体の素晴らしさを感じることができます。

競走馬にお金を賭けない競馬の楽しみ方と競馬の魅力

“私は競馬は好きなほうです。お金がないので賭けないのですが、最後の直線になったとき奥から走りこんできた馬に興奮し、一着になるかどうかワクワクします。一着がぎりぎりで写真判定をして首差や鼻差だととても興奮します。
G1レースは春と秋に多いので、常にお金をかけえいる気持ちで競馬とテレビで見るのは楽しみ方の一つでもあります。お金をかけなくても楽しめるので実際にかけて競技場まで足を運べたらどんなに嬉しいことでしょう。
そして競走馬の魅力は何といっても体つきです。近くの動物園にいる馬はのんびりと、のほほんとしていますが、競走馬となると体のすべてが引き締まり、特にお尻のあたりがきゅっと盛り上がって引き締まっており、足も無駄のないすらっとした足で走らなくても見ているだけも心が癒されます。
なので実際にお金を賭けない方法でも競馬を楽しみ方法はたくさんあります。
馬の体つきを見る、毛並みを見る、興奮している馬なのかどうか見たりすることも楽しいです。特に競馬での一番の魅力は一番人気の馬がスタートが遅れたり、馬の機嫌が悪く、調教師やジョッキーのいうことを聞かず順調に走れていない時です。動物ですから私達にはわからない何かを感じ取って敏感に反応しているのだと思います。その時は馬のことは責めず、もしかしたら大穴や万馬券が出るかもと期待してしますものです。賭けてもいないのにこれだけわくわくするので賭けているはもっと楽しんで競馬を経験していると思います。”